長崎県島原市で、新築・リフォームのことなら、一級建築士事務所のアース建築デザイン長崎

アース建築デザイン長崎

一級建築士事務所

お問い合わせはこちら資料請求はこちら
test
HOME > 3つの約束

3つの約束

アース建築デザイン長崎は住まいの安心・安全・信頼を約束します。
5つのこだわり

 

3つの約束を実現するため、5つのこだわりで住まいづくりのお手伝いをしています

 

1.子育て世代を「応援」します
子育て支援  

子育て世代のご家族が
安心して子育てに専念できる「適正価格のお家」を建てるお手伝いをします。

子供は、のびのび育てたいのに住まいがアパートなので、
隣人に気兼ねしながら子育てをしたり・・・
資金的に余裕が無いから無理か・・・

そんな事はありません!
その時、その年齢に合った家を建てる事ができるのです!

アース建築デザイン長崎では、独自のローンセンターを持ち、お客さまの
将来設計のプロジェクトの一員として参加させていただきます!

 

アースの資金計画についてはこちら
2.お客様の「安心」にこだわります
noimage アース建築デザイン長崎のローンセンター
一人一人の事情に合わせた、ライフシミュレーションに基づく資金計画こそが、 住宅購入を成功させるコツです。 資金計画アドバイザーが、住宅ローンアドバイスはもちろん、生命保険や相続 ・贈与税対策から教育資金ローンアドバイスまで、ライフプランを考えた総合 的な資金計画のご相談に応じます。
アースの資金計画についてはこちら
3.お住まいいただいてからの「安心」にこだわります
ハウスドクターによるアフター無料点検

お引き渡し後1週間後から当社独自のアフター無料点検を実施しています。 お家のお医者さんであるハウスドクターが定期的にお家にご訪問し、お住 まいに関するお困りごとひとつひとつ解決していきます。

 

セコムホームセキュリティをご紹介しています

「防犯」「火災監視」「非常通報」はもちろんのこと、「ガス漏れ監視」、ケガ や急病時の「救急通報」などいずれも異常発生の感知と同時に、セコムへ 信号を自動送信。ただちにセコムが駆けつけます。

4.家を建てる前の「地盤」「基礎」にこだわります
地盤調査がなぜ必要なのか

軟弱な地盤や締まり具合に偏りのある地盤に建物をたててしまうと 不同沈下を引き起こし、住宅が損傷してしまうおそれがあります。 また家の保障を受けるには、地盤の強さが必要です。 地盤調査はあらかじめ地盤の強さを知るために行われています。

 

改良工事の種類

 

軟弱地盤の場合、改良工事を行います。地盤によって行なう改良工事の種類が違います。

 

表層改良工事

建築予定地の土を掘り起こし、セメント系の固化材を土と混ぜ強固な地盤にします。 比較的浅い深度において、軟弱層やバラツキのある地層に効果的な工法です。

杭状地盤補強

地盤条件の制約が少なく、土質の制約を受けない工法で、鋼管もしくはコンクリート 製の杭を、家の基礎部分に沿って建て込み、地中に支持体を作ります。軟弱層が厚く 支持層が深い場合に適した工法です。

杭状地盤補強

家の基礎部に沿って地面を筒状に掘削し、そこにセメント系固化材溶液(スラリー) を流し込み地中に柱状の支持体を作り中深度改良に適した工法です。

 

アース建築デザイン長崎の基礎

家が傾いてしまう地盤沈下を防ぐために、地層の固い層に達 するまで掘り、そこに建物を支える「基礎」を築きます。 アース建築デザイン長崎が採用しているベタ基礎は、基礎の 立上りだけでなく底板一面が鉄筋コンクリートになっている 基礎です。家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。 また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる 湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

5.快適な家づくりにこだわります
断熱材がなぜ必要なのか

 

断熱材がないと、冬場は暖かい室内から寒い屋外へ温度が逃げ、夏場はエアコンの冷気が外へ出ていきます。 断熱しない場合、約8割の熱が逃げていくと言われています。この熱移動を阻止するのが断熱材です。 多くの断熱材は、その素材の中にある小さな無数の空気のかべ(小部屋)によって、熱が逃げていくのをくいと める仕組みになっています。

 

ページトップへ戻る

アース建築デザイン長崎

〒855-0863
長崎県島原市親和町2661-2

アース建築デザイン長崎 tel.0957(61)0047

copyright(c) 2011 アース建築デザイン長崎 All Rights Reserved.

LINK